建築用語.net
建築


建築用語

実矧
よみ:さねはぎ
50音別:
種類別:大工
板張りをするとき、はぎ目に隙間が開かないように、一方の板そばに細長い突起(さね)を付け、他方に溝をつくり、これをはめ込みながら板張りをする方法である。主に縁甲板や立羽目などに用いる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※