建築用語.net
建築


建築用語

底渫い鑿
よみ:そこさらいのみ
50音別:
種類別:大工
柄に冠がなく突き鑿の柄のようになっている鑿をいう。首が幾分反り、刃先が折れ曲がっていて、鑿穴の底を繰り返し掻き出し、鑿屑をさらうために考案されたものである。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※