建築用語.net
建築


建築用語

底回し鋸
よみ:そこまわしのこぎり
50音別:
種類別:大工
桶屋用の回し挽き鋸で先端が櫛形になっており、大きな曲線部をもった部材の場合、大工はこの鋸を使うことにより、迅速な仕事ができた。小鋸として便利なため一般用としても使う。刃渡り5〜8寸(約15.2cm〜24.2cm)が普通のものである。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※