建築用語.net
建築


建築用語

中台鉋(平鉋)
よみ:ちゅうだいがんな(ひらがんな)
50音別:
種類別:大工
台が27cm前後のもので一般に多く使われている。板類や角材など表面を平滑に削るための鉋である。材を荒削りするために荒仕上鉋、中仕上鉋、仕上鉋の順に、刃先の出を少なく、刃口も狭くして薄い鉋屑ができるように順に使い分けしていく。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※