建築用語.net
建築


建築用語

中叩き鑿
よみ:ちゅうたたきのみ
50音別:
種類別:大工
中薄鑿と大入鑿との中間のつくりの鑿である。穂先の厚みは中薄鑿よりやや薄く、穂先や首の長さは大入鑿よりもやや長くできている。建前までの仕口仕事、造作の取付仕事のどちらにも使用され、鑿の種類は1分〜1寸6分(約3mm〜4.8cm)まである。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※