建築用語.net
建築


建築用語

通し柱
よみ:とおしばしら
50音別:
種類別:大工
木造2階建ての場合、土台から軒桁まで継がずに通った1本ものの柱である。建て方のとき定規のような役割があるのと同時に、胴差しなど横架材の取り付け仕口に刻み込まれるため、断面寸法は、管柱より大きめの柱が使われる。通しは柱は、管柱に比べて耐力的に優れた機能が必要とされ、隅柱や間仕切り壁の取り合い部などに用いられる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※