建築用語.net
建築


建築用語

栃の木(橡)
よみ:とちのき
50音別:
種類別:大工
北海道南部から四国、九州までの温帯地に生育する樹高15〜20mにおよぶ落葉高木である。辺材は黄白色、芯材は帯紅褐色で材は軟らかい。肌目が密で加工が容易で、建築、器具、船舶、土木、車両などに用いられる。栃木県の県木である。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※