建築用語.net
建築


建築用語

登り桟橋
よみ:のぼりさんばし
50音別:
種類別:大工
作業員の昇降通路、または人力による材料の運搬通路として、足場と一体の構造で設けられるもの。材は、おおむね足場を構成する材(丸太、単管)と同じものが使用され、登り勾配は30度以内とされる。足場板は建地の梁間一杯にすき間のないように敷き並べ、滑り止めと落下物や作業員の踏はずし事故防止のために幅木を取り付け、高さ75〜105cmの位置に手すりを設けなければならない。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※