建築用語.net
建築


建築用語

挽割り鋸
よみ:ひきわりのこぎり
50音別:
種類別:大工
比較的大きな材木の木取りや、組手などを挽くのに使われる鋸である。刃渡りの寸法は、尺3寸〜尺6寸(約39.4〜48.5cm)が普通で、「ぶつぎり」とも呼ばれる。大きな鋸を使う場合は腕力だけでなく、体全体を動かして挽くことが、疲労が少なく、能率が上がる重要なポイントである。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※