建築用語.net
建築


建築用語

飛行機鉋(組子削鉋)
よみ:ひこうきがんな(くみこけずりがんな)
50音別:
種類別:大工
数本の組子(障子類の骨)を同時に迅速に削るために考案された鉋である。平鉋の下端の両側に取りはずし可能な定規を取り付け、定規を取り替えることでいろいろな寸法に削ることができる。削るときに組子が浮き上がるのを防ぐため、刃口近くにバネ仕掛けの押さえ木を取り付け、削り面を下方に押し付ける工夫がなされている。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※