建築用語.net
建築


建築用語

本叩き
よみ:ほんたたき
50音別:
種類別:大工
一般には叩き鑿のことで、1分〜8分(約3mm〜2.4cm)程度までの鑿をいう。構造材に仕口、継手、様々な穴を掘るなど、建前までの荒仕事で大玄能を使う。穂先の厚みは厚く首の長さもあり全体に頑丈に作られているので厚鑿とも呼ばれる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※