建築用語.net
建築


建築用語

短絡電流
よみ:たんらくでんりゅう
50音別:
種類別:電気
事故又は故意で短絡が生じたとき、回路に流れる電流。短絡が発生すると、系統につながる交流発電機に動力器の寄与電流が加わって電源となり、線路のインピーダンスで制限される短絡電流が流れる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※