建築用語.net
建築


建築用語

非接地方式
よみ:ひせっちほうしき
50音別:
種類別:電気
発電機や変圧器の中性点又は1端子を接地しない方式。1)6.6KV配電系統に採用され、1線地絡時の地絡電流が数Aと小さく、通信線電磁誘導障害もほとんど発生しない。2)工場の防爆電気設備、病院内電気設備、プールの電気設備などでは、1線地絡電流を制御するために絶縁変圧器を設置して2次側を比接地方式とする。3)高圧又は特別高圧から低圧に変成する変圧器の2次側を非接地方式する場合は混触防止板を設けそれにB種接地工事を施す。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※