建築用語.net
建築


建築用語

離脱限界電流
よみ:りだつげんかいでんりゅう
50音別:
種類別:電気
痙攣性の筋収縮を起さず、握っている電極を自力で離すことが出来る最大の人体通過電流。商用周波数の交流では約10mAが平均値といわれている。痙攣性の筋収縮により電極を離すことが出来なくなる最小の人体通過電流を不随意電流という。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※