建築用語.net
建築


建築用語

リング形LAN
よみ:りんぐかたらん
50音別:
種類別:電気
通信ケーブルをリング状にして多数の端末装置を分散接続し、データの送受信を行うLANでリング状に接続するので終端がなく、データの伝送方向が1方向で済み、隣接した端末機の間隔が短い部分ではメタリックケーブルを使い、長い部分には光ファイバケーブルを使うなど柔軟な構成が容易であり、ケーブルの延長が大きいLANを構築できる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※