建築用語.net
建築


建築用語

胴付き鋸
よみ:どうつきのこぎり
50音別:
種類別:大工
胴突き鋸、胴透き鋸などとも呼ぶ、片刃の横挽き鋸である。この鋸は鋸身を極めて薄く作り、鋸身の上端すなわち背の部分に軟鋼、または真鍮の背金と呼ばれる溝金をはめて、片手挽きで力を入れて使用するようにできている。歯は細密で歯振(あさり)も少ないことから挽き肌は滑らかとなる。刃渡り7〜9寸(約21.2〜27.3cm)ぐらいが普通のものである。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※