建築用語.net
建築


建築用語

立体買換え特例
よみ:りったいかいかえとくれい
50音別:
種類別:不動産・宅建
立体化・高度化による土地の有効利用を図るための税制の一種。個人が三大都市圏の既成市街地とこれに準ずる一定の区域等内にある土地等、建物または構築物を譲渡し、一定期間内にその土地等または建物等の敷地の上に建築された地上階数3以上の中高層の耐火共同住宅を取得し、かつその取得後1年以内に自己の居住の用または事業に供した場合(賃貸した場合)、譲渡収入のうち取得資産の取得価額に対応する部分は取得価額の引継ぎによる課税の繰延べが認められる特例措置。中高層の耐火共同住宅の建築を行うには、その土地等を買入れた人、または譲渡した人でないと特例措置は受けられないが、最も一般的に利用されている。等価交換方式とも呼ばれる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※